職人の想い

『職人には鮮魚の捌き方に並々ならぬ思いがあり、鮮魚の扱いを極めて、熟成刺身の旨味を世界に広める事が彼の夢であり、この夢を叶える為に会社の社長、又協力者と共に頑張っています。』

私は九州の海に囲まれた小さな田舎町で育って、鮮度=こりこり感=美味しい魚が当たり前の様に育ちました。

しかし、生臭さが強くて田舎にいる間は捌くのは好きだけど食べる事は嫌で仕方ありませんでした。

その後に東京に出てマグロや数日経った比較的に柔らかい魚を鮮度が悪いなと言いながらも食するようになりました。

今思えば数日たった鮮度が悪いと思っていたお刺身が、熟成刺身だったのでしょう!

食文化!育った環境で人それぞれの味覚や触感の違いが有ります。

熟成とは簡単に説明すると、果物のリンゴやバナナや桃が青い時は青臭みが有ったり酸味が強く酸っぱかったりします。

これが採れたての活魚と同じになります。熟して甘くなった物が熟成の魚!刺身と同じ事になります。

ただ、果物に関しても人それぞれ好みの違いで、熟れて甘いものが好き!酸味が強い方が好き!

分かれると思います。熟成=柔らかい=旨味を好むか!鮮度=コリコリ感=旨味ゼロを好むか!

旨い!不味い!称賛や批判より熟成の旨味と言う物を知ってもらいたいです。逆に鮮度のコリコリ感も知ってもらいたいです。

IMG_3899.jpg
柄a_edited.png
柄a_edited.png

◉熟成刺身とは◉

熟成についてpng.png

熟成魚 ちらし寿司